メニュー

外壁塗装の見積もりは、どこへ頼めば良いか。

工務店?リフォーム会社?訪問販売?塗装屋?

外壁塗装の工事を行うには、まず見積もりを取る事から全ては始まりますが、一体どこへ頼んだら良いのか迷っていませんか?

区切り線
  • 地元の工務店
  • 塗装屋さん
  • リフォーム会社
  • 大手メーカー
  • 家を施工してくれた工務店
  • 塗装専門店
  • 訪問販売で来た会社
  • 知人からの紹介
区切り線

・・・外壁塗装の工事には、業者に選択肢が数多く存在します。それぞれの業者にはメリット、デメリットがあり、「自分の家の外壁塗装工事にとって、1番良い選択肢はどこなの?」ということがすぐには分かりません。

このページでは、外壁塗装工事の見積もりをいかに上手に、有利に、どこへ頼むべきか?ということをテーマにして、3つのポイントに分けて解説しています。

後悔しない、見積もりの頼み方を解説!

上手&有利な見積もりのための3つのポイント

区切り線
  1. 複数の業者から見積もりをしてもらう
  2. 悪質な業者の特徴を知ろう
  3. 手間が少ない方法で見積もりを頼む
区切り線

ポイント1「複数の業者から見積もりをしてもらう」

まず、最初のポイントですが、どこへ頼むにせよ、「複数の業者から見積もりをしてもらう」ということを必ずします。

なぜかというと、外壁塗装はトラブルの多い業界である、中には悪質な業者がいること、定価が無く相場が分からない、一般の方は外壁塗装の知識が無い、などということが挙げられます。
(詳しくはこちら>>【外壁塗装】業者の選び方。後悔しない、失敗しないためには

また、複数の業者から見積もりをとることで分かる事が沢山あります。

  • 外壁塗装工事費用の相場
  • 必ず必要な工事項目
  • 別にやらなくても良い工事項目
  • 自宅の外壁平米数、屋根平米数
  • 最適な塗料
複数社の見積もりを比較!

複数社の見積もり内容を比較することで、自分の家に今どんな塗装が必要なのかが見えてきます。また、工事の費用がどのくらいかかるのかも分かります。

外壁や屋根の平米数は、業者によって結構変わることがあるので要注意。他社とあまりにもかけはなれた平米数で計算している業者やは絶対に避けるべきです。

できれば、悪質な業者を避けて最低でも2,3社選び見積もりを頼むべきなのですが、じゃあ悪質な業者ってどーやって見分けるの!?という話になってきます。

区切り線

ポイント2「悪質な業者の特徴を知ろう」

外壁塗装の悪質な業者の特徴をまとめてみました。以下に該当する業者は少し注意が必要です。見積もり内容をよく読んだり、契約書を確認し、保証期間についても話を聞いておきましょう。


悪質な業者の特徴

・こちらの不安を煽るようなことを言う
「このままでは大変なことになってしまいますよ!」
「このまま放っておくと、雨漏りしてしまいます!」
「これは今すぐにでも塗り替えした方が良い状態です」
--------------------------------------------------------------
よく外壁も見ないで、訪問してくるなりこんな不安を煽るような事を言って来る業者は注意です。外壁塗装はよほどの現状出ない限り、今日明日塗り替えしないと家がどうこうなるという緊急性の高いものではありませんし、不安を煽って契約を急ぐような業者に良い仕事はできません。
・契約をとにかく急がせる
「今日契約してくれたら、値引きします」
「今すぐ契約してもらえなければ、この条件ではもう出来ません」
--------------------------------------------------------------
今すぐに契約してくれないと、この値段ではできないようなことを言って即決を迫る業者は注意が必要です。外壁塗装工事は高額なものです。なのに、こちらに考える暇を与えてくれない業者は良い会社ではありません
・耐用年数を大げさに言い過ぎる
「この塗装は30年ももちますよ!」
--------------------------------------------------------------
30年も塗り替えが不要な塗料など存在しません
今回塗り替えをすれば、何十年ももう外壁塗装は不要という言い方をしてくる業者には注意です。
・半額以上の値引きをする
「今ならサービスで100万円引きでやります」
「モニター価格なので半額で良いですよ」
--------------------------------------------------------------
大幅に値下げをする見積もりを提示してくる業者は要注意です。
そもそもの見積もりが信用できないですし、サービスといって他の項目へ上乗せしてサービスしているように見せかけているだけ、という場合も多いです。

どんな業界にも悪質な業者はいますが、外壁塗装業界は特にトラブルが多いと言われています。

一番問題となっているのは訪問販売での外壁塗装契約についてのトラブルですが、他にも地元工務店、リフォーム会社、大手メーカー・・・どんな形態の会社においても外壁塗装のトラブルは報告されています。

外壁塗装は手抜きが分かりづらく、その手抜きやミスが発覚するのに数年かかることもあります。その間騙された事を知らずに過ごす事を考えてみると、相当気持ち悪いですよね。最初の業者選びをいかにこだわった方が良いかが分かると思います。

区切り線

ポイント3「手間が少ない方法で見積もりを頼む」

ポイント1では、悪質な業者を避けて見積もりを頼むべきだという話、ポイント2では悪質な業者の見分け方の話をしました。

が、ここで問題があって、悪質な業者は見積もりを出してもらって初めて分かる・・ということです。本当は優良業者に絞って見積もりを数社出してもらうのが一番良いのに、見積もりを出す前に悪質業者かどうか見分ける方法が無いんです。

悪質業者に見積もりをしてもらっても時間の無駄なので、どうしたら優良業者だけに見積もりを頼む事ができるか?と考えてみました。

優良業者に絞った、無料一括見積りを利用しよう!

解決法。外壁塗装110番」というサイトでは、一度の入力で、複数の業者に外壁塗装工事の見積りが出してもらえ内容を比較、検討できます。

このサービスへ参加できる業者は外壁塗装を得意とする優良店に限られているため、効率的に優良業者に絞って複数社の見積もりを比較する事ができます

例えば東京都で外壁塗装をしたいと思った時には・・・

東京の外壁塗装工事優良企業 ・・等

このように、登録されている優良店だけに絞って見積もりを一括で頼む事ができます。自分ではこうやって優良店を複数見つける事が難しいので、大変便利なサービスです。
(無料で利用できます。)

外壁塗装優良店への一括見積り→サイトはこちら


悪徳業者へ外壁塗装の工事見積りを頼んでしまうとどうなるか?

悪徳業者イメージ画像

では、万が一悪徳業者へ見積りを頼んだ場合どんなことが起こるのか、トラブル事例を元に考えてみましょう。

悪徳業者は、下記のような工事工法を用いて工事費をかけずに施工をし、利益を増そうとします。


塗料を3度塗りしてくれない

外壁塗装の写真

外壁塗装は、(屋根も)3度塗りが基本です。下塗り→中塗り→上塗りです。

下塗りは上に塗る塗料をつきやすくするために欠かせないものです。中塗りと上塗りは同じ塗料を重ねて2度塗りします。

悪徳業者では、この下塗りを省いたり、中塗りをせず上塗りだけにしたりして材料費を削ります。これでは塗料本来の耐用年数が発揮できません。

3度塗りで10年もつと言われる塗料を、2度塗りだけにするとたったの3年しかもたなくなってしまうといいます。


高圧洗浄をしない、もしくは適当に行う

高圧洗浄の写真

塗装を行う前に、外壁や屋根、鉄部などきちんと洗浄・清掃をしなくてはいけません。

必ず外壁塗装においては、見積もりの項目に含まれているのが当たり前の工程です。悪徳業者はこの高圧洗浄、清掃作業をきちんと行いません。結果、後々の塗装の剥がれの原因となります。

高圧洗浄代サービスなどと謳い、実際の作業は行われないトラブルが発生しています。一番酷いのは、見積もりに高圧洗浄が入っているのに施工の際洗浄を省く事例です。


下地処理が適当

下地調整の写真

塗料を塗る前に、外壁にできたひび割れや膨らみ、凹凸などはきちんと補修してからでないとそこからまた塗装が剥がれます。

悪徳業者ではこの下地処理をきちんと行わず、そのまま上に塗料を重ね隠してしまうことがあります。

外壁塗装工事が終わった直後は、上に塗料が塗られているためこちらは全く気付かないのが問題です。きちんとしていると思ったら、数年後、そこから・・・というトラブルが多発しています。気付いた頃には保証期間はとっくに過ぎ、泣き寝入りです。


塗料を水で薄めて使用する

軒天塗装の写真

塗料に水をいれ、薄めてかさ増しすることで、1缶で塗るべき範囲よりも広い面積を塗装できます。悪徳業者は材料費削減のため、塗料を水で薄めて使用します。

また塗料が薄まると粘度も下がりサラサラになるため、手早く塗る事が出来るので時間の短縮にもなります。塗料を薄めて使えば当然性能が落ちます。


乾燥時間を短縮する

屋根塗装の写真

通常、外壁や屋根は洗浄後、それから塗料を塗った後は、完全に乾燥させてからでないと上から重ねてはいけないことになっています。

きちんと乾燥させることで塗料が定着し、剥がれにくくなるからです。ところが、悪徳業者は工事期間を短縮させ、人件費を削減したいがために乾燥時間を短縮します

乾燥が十分でないのに塗料を重ねて行くと、本来の塗料の性能は発揮できません。謳われている耐用年数よりも早い段階で剥離が始まります。

・・・
このように、悪徳業者に見積もりを出し安価な見積もりをゲットできたとしても、工事内容がこれでは話になりません。

見積もりの上手な取り方3つのポイントで挙げたように、優良業者に絞って見積もりをとり、複数社を比較することでより良い外壁塗装工事に繋がります。外壁塗装の業界において、業者選びはくれぐれも慎重に!です。


【より安い費用】、【より優秀な業者】で外壁塗装を行う方法!

外壁塗装工事の一括見積りで、費用が300万円→90万円に。
【210万円も安くなりました】

日本最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装110番」で、1番安い外壁塗装業者が見つかります!
参加業者は厳選された優良業者のみ。複数社の見積もり額を比較できます。

外壁塗装優良企業ロゴ画像

一括見積り数10万件以上の実績があり安心して利用ができます。もちろん利用は無料です。

無料一括見積りはここからできます。

我が家の外壁塗装体験談
お急ぎの方は、こちらの3つだけチェック!
秘訣その1「必ず相見積りを取るべし。」
秘訣その2「最低限の知識を持つべし。」
秘訣その3「業者をシッカリ選ぶべし。」
自宅に、訪問販売リフォーム会社が来た方はこちら
訪問販売の罠「即決は絶対にしないで!」

アイコン「工事」外壁塗装の工事

外壁塗装の価格相場・見積もり20事例

アイコン「工事」外壁塗装の工事