メニュー

外壁塗装工事の見積り書、5つのチェックポイント

見積もりしてもらったけど、どこを見ればいいの?

外壁塗装工事の前に欠かせない、複数業者への見積もり。でも、2,3社から見積もりを取ったはいいけどどの辺を見比べればいいの?・・このページでは、見積り書のチェックポイントを5つに分けて解説しています

区切り線
  1. すべての塗料が同じランクのものか
  2. 塗装が3度塗りになっているか
  3. ケレンが見積もり項目に入っているか
  4. 塗装面積を比べよう
  5. 塗装箇所が全て書いてあるか
区切り線

チェックポイント1 すべての塗料が同じランクのものか

塗料イラスト

外壁塗装、屋根塗装に使われる塗料と、それ以外の部分(雨戸や破風、雨どいなど)に塗られる塗料のランクは同じものでなくては後々面倒くさいことになります。

どういうことかというと、例えば外壁・屋根の塗装には耐用年数が10年の塗料を使用したとします。それ以外の部分の塗装には、業者の担当者が「そんなに良い物を使わなくても」と言われたので、安いのもあって5,6年しかもたない塗料で塗装をしました。

するとどうなるか。5,6年経った頃剥げた雨戸や雨どい・・・。外壁は綺麗なままです。なんともちぐはぐな家になってしまうと思いませんか。わざわざそこだけのために足場をかけて再塗装をする人がいるとは思えません。

塗料のランクを揃えよう!

その状態のまま、外壁が劣化するまで5年もの間辛抱しなければいけません。その5年の間に、安価な塗料で塗った部分は益々劣化していくでしょう。

外壁塗装工事の見積もり時、値段を安くしたいために外壁以外の部分を耐用年数が浅い塗料を使って見積もりを出す業者は結構あります。本当に成功したといえる外壁塗装工事は、全ての部分の塗料のランクが同じ=「耐用年数が同じ」ものを使った工事です。

見積もりを比較するとき、その点に注意して下さい。この業者は安い!と思ったら、なんだ外壁以外の塗料はランクの低い塗料じゃないか・・ということが十分有り得ます。
(塗料のランクについて詳しくはこちら→塗料は何が良いか


チェックポイント2 塗装が3度塗りになっているか

ペンキイラスト

外壁塗装の基本は、3度塗りです。

最初に上に塗る塗料をつきやすくするための下塗りをします。次に中塗り、最後に上塗りです。中塗りと上塗りは、同じ塗料を2度重ねて塗っていきます。

3度塗りでないと意味が無い

こうすることで塗料本来の性能が最大限に発揮されます。もし工程をひとつでも省けば、塗料本来の性能は出ず剥がれや膨れが起きやすくなります。耐用年数も、半分以下になることがあります

見積り書には、下塗り・中塗り・上塗りの記述がされていないとおかしいわけです。屋根塗装ももちろん同じで3度塗りは必須です。

各見積り書を見て、3度塗りになっているかどうかを確かめましょう。悪質な業者は、こちらが知識が無いのをいいことに下塗りを省いたり、中塗りをせずに塗料を1度塗るだけにして安い見積もりを出します。

チェックポイント3 ケレンが見積もり項目に入っているか

ケレンの写真
・ケレンとは?
古くなった塗膜をはがしたり、さびを落としたりする工程のこと。手で行うほか、ケレンのための電動工具もある。

外壁塗装をする上でかかせない項目です。古い塗膜の上から新しい塗装をしても、すぐに落ちてしまうからです。

手作業で行うのでとても時間のかかる作業ですが、これを省くとどんなに高級な塗料を使用してもその意味が全くありません

人件費削減、工期短縮のため、ケレンをやらない業者が中にはあります。特にトタン壁・屋根、雨戸などの塗装がある場合見積もりをもらったら、「下地処理」や「ケレン」という項目がきちんと入っているかどうか確認しましょう。


チェックポイント4 塗装面積を比べよう

外壁塗装面積の図

おおまかな外壁塗装面積の求め方

外壁面積=家の延べ床面積×3.3×1.2

延べ床面積 おおまかな外壁面積 延べ床面積 おおまかな外壁面積
25坪 99m2 40坪 158.4m2
30坪 118.8m2 45坪 178.2m2
35坪 138.6m2 50坪 198m2

複数の業者から見積もりをもらったら、塗装面積に注目です。それぞれの業者から出される塗装面積には、多少なりとも違いがあるかと思います。

自分でも計算をしてみよう

外壁面積(塗装面積)は、上記に書いた式でおおまかに出す事ができます。が、業者によって算出のしかたが様々なので違いが生じます。

自分でも「延床面積×3.3×1.2」と計算してみて比較してみましょう。大体見積り書と似たような数字になるはずです。その中にかけ離れた外壁面積数を出してくる業者があれば、そこへは頼まないことです。1番大事な外壁面積数に違いがあると、もうそれ以外の部分にも信用はおけなくなります。

また、外壁も足場も、養生もなにもかも同じ面積で統一して見積もりしてくる業者も避けた方が良いです。普通は、足場の面積と外壁の面積が同じになることはあり得ません。足場面積>外壁面積となるはずです。全ての平米数が同じ見積り書は適当に見積られている証拠です。
もっと正確に実外壁塗装面積を出したい場合やり方はこちら


チェックポイント5 塗装箇所が全て書いてあるか

書類イラスト

外壁塗装工事におけるトラブル相談の中でも多いのが、「見積り書にない項目の費用を、あとで追加請求された」というものです。

事前に確認しておこう!

契約時の金額は安かったのに、施工中にここもやらなきゃ、あれもしなきゃとドンドン追加され、金額が跳ね上がってしまった・・・という事例は数多くあります。

見積もり書をチェックするときに、塗らなければいけない箇所の名前と金額がきちんと入っているかどうかを確認します。2,3社へ見積りを頼むと、各社の違いがよく分かります。

ここの業者は入っている項目が、こちらの業者には無い!という時には必ず確認をとり、その部分の塗装はどうするんですか?と聞いておきましょう。また、これ以上お金はかからないのかどうか?という確認も必須です。


【より安い費用】、【より優秀な業者】で外壁塗装を行う方法!

外壁塗装工事の一括見積りで、費用が300万円→90万円に。
【210万円も安くなりました】

日本最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装110番」で、1番安い外壁塗装業者が見つかります!
参加業者は厳選された優良業者のみ。複数社の見積もり額を比較できます。

外壁塗装優良企業ロゴ画像

一括見積り数10万件以上の実績があり安心して利用ができます。もちろん利用は無料です。

無料一括見積りはここからできます。

我が家の外壁塗装体験談
お急ぎの方は、こちらの3つだけチェック!
秘訣その1「必ず相見積りを取るべし。」
秘訣その2「最低限の知識を持つべし。」
秘訣その3「業者をシッカリ選ぶべし。」
自宅に、訪問販売リフォーム会社が来た方はこちら
訪問販売の罠「即決は絶対にしないで!」

アイコン「工事」外壁塗装の工事

外壁塗装の価格相場・見積もり20事例

アイコン「工事」外壁塗装の工事