メニュー

外壁塗装 施工の流れ

およそ10年ごとに、外壁塗装を塗り替えた方が良いことは分かったけど、実際外壁塗装って何をするの?どんな工事が必要なの?初めて塗り替えをする時はよく分からないはず。

このページでは、とある平均的な家の外壁塗装工事の施工事例を紹介しています。

外壁塗装 施工前 → 施工後 の写真

外壁塗装工事の流れ

外壁塗装の工事はこんなことをします。 足場の写真

1.足場組み

作業する上で非常に大事な足場。費用が案外かかります。
(平米単価:約600円)

高圧洗浄の写真

2.高圧洗浄

外壁、屋根など塗装部分の洗浄をします。
専用の洗浄機を使い、汚れやコケ、カビなどを落とします。

養生の写真

3.養生

ドアやサッシ窓など、塗料を塗らない部分をビニールで覆うなどして汚れないようにします。

さび止め塗料を塗っている写真

4.さび止め塗料

塗料を塗る前に、鉄部(戸袋、雨戸、破風など)にさび止めを塗って、サビの発生を抑えます。

下地調整の写真

5.下地調整

上に塗料を綺麗に載せるために、ひび割れや剥がれなどの処理、目地部分の補修など下地調整を行います。

軒天塗装の写真

6.軒天塗装

軒天を塗装します。下塗り、中塗り、上塗りと、基本は3度塗りです。


外壁塗装の写真

7.外壁の塗装

下塗り→中塗り→上塗りと基本は3度塗りです。
下塗りではシーラーと呼ばれる下地強化剤が塗られます。

屋根塗装の写真

8.屋根の塗装

外壁と同様に、基本は下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りです。


雨どい塗装の写真

9.その他部分の塗装

雨どい、戸袋、雨戸など塗装が必要な部分に塗料を塗ります。


上記は一般的な住宅での外壁塗装の施工の流れです。

外壁塗装の見積もり明細も、上記項目に分かれて提出されることがほとんどです。まず知っておきたいことは、塗装は外壁も屋根も基本的に3度塗りです。下塗り・中塗り・上塗りと言います。

基本は3度塗り!

下塗りと呼ばれるのは、シーラー・プライマーとも言われている下地強化塗料です。上に塗料を綺麗に付着させるために欠かせません。

たまに下塗りはしませんとか、しなくても大丈夫という場合もあるようですが、非常に不安です。しっかり3度塗りしてくれる業者を選ぶべきです。

中塗りと上塗りは、通常同じ塗料を使用します。

関連記事
塗料は何が良いか
業者選び、まずどうする


【より安い費用】、【より優秀な業者】で外壁塗装を行う方法!

外壁塗装工事の一括見積りで、費用が300万円→90万円に。
【210万円も安くなりました】

日本最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装110番」で、1番安い外壁塗装業者が見つかります!
参加業者は厳選された優良業者のみ。複数社の見積もり額を比較できます。

外壁塗装優良企業ロゴ画像

一括見積り数10万件以上の実績があり安心して利用ができます。もちろん利用は無料です。

無料一括見積りはここからできます。

我が家の外壁塗装体験談
お急ぎの方は、こちらの3つだけチェック!
秘訣その1「必ず相見積りを取るべし。」
秘訣その2「最低限の知識を持つべし。」
秘訣その3「業者をシッカリ選ぶべし。」
自宅に、訪問販売リフォーム会社が来た方はこちら
訪問販売の罠「即決は絶対にしないで!」

アイコン「工事」外壁塗装の工事

外壁塗装の価格相場・見積もり20事例

アイコン「工事」外壁塗装の工事