メニュー

「ウレタン」「シリコン」の違いを徹底比較

ウレタン?シリコン?

外壁塗装の仕様を決定する際、「ウレタン塗料」「シリコン塗料」このどちらかにするかで悩む人は結構多い・・・。

その他にも、ちょっと高い「フッ素系塗料」「遮熱塗料」「光触媒塗料」なんてものもあるけど、100万超え間違いない塗料たちなので手が出しにくく・・・でも一番格下のアクリルは嫌!そういう理由で「アクリル」「シリコン」でみんな悩むのです。

このページでは、「ウレタン系塗料」と「シリコン系塗料」の違いを徹底比較しています。外壁塗装工事は、何十万もする高額な工事です。それぞれメリット・デメリットがあるので、じっくり悩んで決めて下さい。
※ちなみに、私のおすすめはやはりシリコンです。


ウレタン樹脂の特徴

■どんなもの? ポリオール(-OH)とイソシアネート化合物(-N=C=O)を反応させて、
ウレタン結合(-NHCOO-)させた高分子化合物。
■何に使われるか ・建築関係の断熱材  ・シーリング材  ・車両関係のクッション材
・線維加工してスポーツウェア等の衣類  ・自動車の補修
・高級家具の仕上げ塗り  ・フローリングの仕上げ塗り  等
■種類 1液型、2液型
■良い点 ・塗膜が光沢、肉もち感、付着性に優れている
・高級な仕上がり感が得られる
・耐侯性が高い
■欠点 ・ウレタン結合させるイソシアネート基(-N=C=O)に強い毒性がある。
・ウレタンフォームは真っ白な切り口が黄変する現象が起きる。
→最近は改良品があるが、芳香族系イソシアネート系のものは紫外線により
黄変しやすい。
→ポリオール樹脂をベースにした主材+無黄変性の脂肪族イソシアネート系
化合物を硬化剤とすることにより改善された。

・硬化剤(-NCO)が水と反応しやすい。高湿度時には水分と結合して
尿素結合することになり塗膜性能が落ちる。
→貯蔵中、容器を密封しないと変質する。

・アルコールのOH基(-OH)と反応する。
→アルコールを含むシンナーが使えない。必ずウレタン塗料用のシンナーを使用

シリコン樹脂の特徴

■どんなもの? ケイ素(Si)を核としたシロキサン結合(-O-Si-O-)をもつ無機化合物で、
非常に安定した物質。
分子の端末の水酸基が高温で反応し、脱水・硬化する性質がある。

☆外壁塗装用に需要が伸びている「1液水系アクリルシリコン塗料」は、
あらかじめシロキサン結合を付加させたアクリルポリマーを分散させた
エマルション塗料であり、塗膜の表面にシリコン成分を配列させるもの。
■何に使われるか ・戸建て住宅の塗り替え  ・カーテンウォール塗装
・シーリング材  ・建築用保護材  ・おしゃぶり  ・医療用カテーテル
・ファンデーション  ・シャンプー  ・リンス  等
■種類 水性1液型、溶剤(油性)1液型、溶剤2液型

2液性の塗料は、比較的低温の状態でも硬化させる事ができる。
■良い点 ・約600℃に耐える高耐熱性塗料
(アクリル樹脂と共縮合させたアクリルシリコン樹脂は、耐熱性が200℃に落ちる)
・耐熱性、耐侯性に優れている。
・汚れを寄せ付けない特性がある。
■欠点 ・低粘度のため顔料が沈澱しやすい
・価格が高い
→他の樹脂と組み合わせて変性したものが使われている。
・やや付着性に劣る

ウレタン塗料とシリコン塗料の値段の違い

建坪30坪 外壁塗装のみの費用目安
・ウレタン塗料 722,610円
・シリコン塗料 785,925円

耐用年数と平米単価の違い

ウレタン塗料とシリコン塗料 耐用年数と平米単価の違い図表

ウレタン塗料の耐用年数が約6年と言われているのに対して、シリコン塗料は約10~13年もつとされています。

当然シリコン塗料の方が値段が高く、ウレタン塗料は安いです。ただ、長い目で見た時では↓↓

建坪30坪 外壁塗装のみの費用目安 1年あたりの外壁塗装費用は??
・ウレタン塗料 722,610円 →6年持ったとして
722,610円÷6=約12万円
・シリコン塗料 785,925円 →10年持ったとして
722,610÷10=約7万8千円
→13年持ったとしたら
722,610÷13=約6万500円

上記の通り、シリコン塗料の方が1年あたりの外壁塗装費用としては安くなります。


塗膜の光沢保持率の違い

ウレタン塗料とシリコン塗料 経過時間(暴露時間)と光沢保持率の関係 図表

慧文社/外壁塗り替え塗装入門より

この照射実験は、およそ200時間の照射が実際の1年に匹敵するような、過酷な人工の光を照射して評価が行われた結果です。
(2000時間=約10年、3000時間=約15年、4000時間=約20年に匹敵)

塗料メーカーのカタログに、「光沢保持率」の試験結果が記載されていますが、一般的に、光沢保持率が80%程度の照射時間で塗料同士を比較すると良いとされています。

上の図をみると、やはり若干ウレタン塗料よりもシリコン塗料の方が、光沢保持率は高いことが分かります。


【より安い費用】、【より優秀な業者】で外壁塗装を行う方法!

外壁塗装工事の一括見積りで、費用が300万円→90万円に。
【210万円も安くなりました】

日本最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装110番」で、1番安い外壁塗装業者が見つかります!
参加業者は厳選された優良業者のみ。複数社の見積もり額を比較できます。

外壁塗装優良企業ロゴ画像

一括見積り数10万件以上の実績があり安心して利用ができます。もちろん利用は無料です。

無料一括見積りはここからできます。

我が家の外壁塗装体験談
お急ぎの方は、こちらの3つだけチェック!
秘訣その1「必ず相見積りを取るべし。」
秘訣その2「最低限の知識を持つべし。」
秘訣その3「業者をシッカリ選ぶべし。」
自宅に、訪問販売リフォーム会社が来た方はこちら
訪問販売の罠「即決は絶対にしないで!」

アイコン「工事」外壁塗装の工事

外壁塗装の価格相場・見積もり20事例

アイコン「工事」外壁塗装の工事