メニュー

外壁塗装 塗り替えをしないとどうなるか

塗り替えしないとどうなるの?

外壁塗装の塗り替え時期の目安は、その家の状況にもよりますがおおよそ10年ごとと言われています。
(関連記事:外壁塗装は築何年目でするのか?

でも、お金かかるし、忙しいし、まだ平気かな?と放置しているところも数多くあると思います。

外壁を塗り替えずにそのまま放置していると、一体どのようなことが起こるのでしょうか?これを知っておくと、10年ごとに塗り替えをした方が良い、という理屈が分かるはずです。


外壁の耐久性はかならず落ちる

見た目では分からなくても、外壁塗装の耐久性はどんな家でも必ず落ちます。何十年もそのままで平気な外壁など、ひとつもありません。

外壁塗装は、様々な刺激(湿気・雨・風・汚れなど)から大切な家を守っています

塗料の役割は、単に外壁の美観のためだけではありません。外気、雨風など外からの刺激から外壁を守ってくれることです。それも365日、休みなく家を守っているわけです。当然、その塗装は少しずつ少しずつ剥がれていきます。

外壁塗装の耐久性が無くなると、以下のようなことが起こっていきます。


防水効果の低下

外壁の耐久性が落ちると、雨などの水分、湿気の浸入を防ぐ事ができません


ひび割れが起きる

外壁塗装がはがれてきて耐久性が無くなると、外壁自体にひび割れを起こします。ひび割れが起こると共に外壁が反ってきます。こうなると、益々外壁の劣化は進行していきます。


外壁内部の劣化

外壁がひび割れてくると、湿気、汚れ、雨が直接外壁内へ染み込むため、そこから外壁内部の劣化(腐食)が始まります

外壁のひび割れの写真外壁塗装が剥がれた写真外壁が腐食した写真
外壁内部へ湿気・水分が入るとどうなるか?

外壁内部の腐食

外壁の内部に水分、湿気が入り込むため外壁内部・木材部分の腐食が始まります。腐食が進むと外壁が崩れ落ちる危険もあります。


家が傾く恐れ

木材部分まで腐食が及ぶと、家が傾く恐れも出てきます。また、家に隙間が出来ることで断熱性も低下します。冷暖房が効かず光熱費が上がるのに夏は暑く、冬は寒い家になります。


コンクリートの強度低下

外壁コンクリートに含まれるセメント成分が、中性化して本来あるはずの強度を失います


雨漏り

壁自体が雨や湿気をもろに受けますので、そのうち侵入を防げなくなり住居部分へ水分が漏れ出してきます


症状が起きてからでは遅いことも

早めの対応が大切

特にひび割れ、雨漏りという症状がある場合は、かなり外壁の劣化が進んでしまっていることになります。(実践もなかなか難しいのですが)外壁のチェックは常日頃から気をつけ、早め早めの対応が大切です。

上記のような症状を放っておいた結果、外壁内部まで腐食が進み、状態が酷く手の施しようが無くなってしまうと、外壁自体をリフォームすることとなり費用も多くかかります。

早めに外壁の補修を行う事ができれば、費用も安く抑える事ができ塗装の塗り替えのみで工事が終わります

外壁塗装の塗り替えがだいたい10年ごとに必要、、と言われているのはこんな理由からです。


【より安い費用】、【より優秀な業者】で外壁塗装を行う方法!

外壁塗装工事の一括見積りで、費用が300万円→90万円に。
【210万円も安くなりました】

日本最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装110番」で、1番安い外壁塗装業者が見つかります!
参加業者は厳選された優良業者のみ。複数社の見積もり額を比較できます。

外壁塗装優良企業ロゴ画像

一括見積り数10万件以上の実績があり安心して利用ができます。もちろん利用は無料です。

無料一括見積りはここからできます。

我が家の外壁塗装体験談
お急ぎの方は、こちらの3つだけチェック!
秘訣その1「必ず相見積りを取るべし。」
秘訣その2「最低限の知識を持つべし。」
秘訣その3「業者をシッカリ選ぶべし。」
自宅に、訪問販売リフォーム会社が来た方はこちら
訪問販売の罠「即決は絶対にしないで!」

アイコン「工事」外壁塗装の工事

外壁塗装の価格相場・見積もり20事例

アイコン「工事」外壁塗装の工事