メニュー

外壁補修・塗装・・見積り書のこの項目、本当に必要なの?

必要なものと、必要無いものを見極めよう

外壁の補修や塗装をしてくれる業者から見積り書をもらって眺めてみると、その高額な見積もりに驚く人も少なくないと思います。

その中で項目ごとの金額に対して、

「この項目高いな。本当に必要あるのかな?」

と思うことがあると思います。

このページでは、その項目ごとの必要性を考えていきます。


屋根の塗装必要

屋根塗装の写真

外壁塗装と屋根の塗装を一緒にすると、外壁塗装だけの工事価格+20~30万くらいかかってきます。

なので結果的には屋根塗装しなきゃ二、三十万の金額が浮くわけで、

「屋根見えないし、塗装する必要あるの?」

という気持ちになります。結果から言うと、屋根塗装は外壁補修・塗装時に一緒にすることをおすすめします


屋根塗装を一緒にした方が良い理由


漏水を防ぐため

屋根の塗装は、ただ見た目のためだけでなく様々な役割を果たしてくれています。屋根自体を守り、雨水を下へ流し、紫外線からも屋根を守っています。

屋根の塗装が劣化していると、屋根自体が直にこういったダメージを受けます。一番怖いのが漏水です。漏水は、室内に雨漏りなどの異常がなくても少しずつ進んでいることがありますので安心できません。

外壁の塗り替えが必要な時期=屋根も塗り替えと補修が必要な時期です。新築時同じ時期に塗っているのですから。漏水防止・点検の意味も込めて外壁塗装と同時にやった方が良いです。


足場代の節約のため

足場代の値段は、14~16万、大きい住宅だと20万くらいかかることもあります。(足場代の大体の金額はコチラ

漏水を防ぐため、どちらにせよ屋根塗装が必要な時期が数年後来ます。その時屋根塗装のためだけに足場をかけるのはもったいないです。足場をかけたときに屋根も外壁も補修・塗装を行うのが1番節約になります


雨どいなど付帯部分の塗装

「外壁と屋根の塗装だけじゃダメなの?」

付帯部分の塗装は基本的には屋根塗装と同じ考えで、「足場をどうせ組んだのだから」という理由で一緒にやってしまおう、という人が多いです。

万が一次の外壁塗装の塗り替え時期を待たずに、軒天や破風、雨どいの劣化が気になり塗装を・・となった時には、そのためだけに足場をかけるのは勿体無いからです。


雨どいの塗装検討

雨どい塗装の写真

雨どいは、元々の塗装色や塗料の種類にもよりますが徐々に剥げてきます。外壁だけ綺麗に塗装して雨どいは塗装しない、とするとその差はパッと見れば分かるような見た目となります。

ただ、雨どいだけに注目する人も滅多にいないでしょうから、自己満足といえば自己満足とも言える部分ではあります。シリコン塗装した場合1,300~1,800円/mと家1棟でだいたい5~7万円くらいの見積もりがきますので、安いとも言えない金額です。

予算が厳しい場合で、雨どいの見た目があまり気にならない場合は省いても良いと思います。もしやるとすれば、外壁と同じランクの塗料で塗装しましょう。
(関連記事:塗料のランクを揃えよう~【外壁塗装】見積り書のチェックポイント・注意点


軒天塗装必要

軒天の写真

軒天(のきてん)は雨や紫外線が直接当たるわけではないので、塗装の必要性をあまり感じない方も多いと思います。

ただ、軒天は下から見上げるとよく見える場所なので外壁だけ綺麗になると見た目にも差がよく分かってしまいます。また、屋根から雨水がつたわりやすく、思ったよりも意外とダメージを受けている場所でもあります。

特にモルタル仕上げの軒天の場合はひび割れによる漏水の危険性が高いので、できれば外壁塗装と同時に軒天も補修・塗装を行っておきたいです。そのまま放置しておくと、雨水が浸透し内部が腐食してしまいます。最終的にモルタルが剥がれ落ち修繕費が高額になってしまいます。


破風塗装必要

破風板の写真

破風は常に雨や風、紫外線などダメージにさらされている部分なので、家の塗装の中では屋根や外壁同様に劣化が目立つ部分です。

場合によっては外壁よりも劣化が早く、破風がまず先に剥げてきた・・という住宅もかなり多いです。工事費用を安くするために、破風の塗料ランクを落としてはいけません。外壁と同じランクの塗料で塗る事が大切です。

(業者によって、外壁はシリコン系塗料なのに破風はウレタン塗料なんていう見積もりを平気で出す所があります。)


縁切り必要

縁切りの写真
・縁切りとは
塗料を塗ったことでふさがってしまった隙間を、道具を使い1枚1枚開けていく作業のこと。

コロニアル屋根・カラーベスト屋根の住宅が増えてきていますが、これらの屋根は1枚1枚薄い板を屋根に貼り合わせることで屋根が完成します。

上から入って来た雨水は、この板と板の隙間から逃がす構造になっています。この上から塗装をすると、塗料で板の隙間がふさがってしまいます。板と板の隙間がふさがったままだと雨水を逃がす場所がなくなるため屋根が腐食します。

「縁切り」と言われる作業では、板の塗料でふさがった所を1枚1枚道具を使ってあけていきます。かなり面倒な作業なのですが、屋根が腐るか腐らないか、という非常に重要な項目なので必ずやってもらうようにしましょう。

縁切り 写真(タスペーサー使用)

確実に縁切りが出来るタスペーサーという道具もあります。それを使用している業者だと大変安心です。コロニアル屋根・カラーベスト屋根の住宅の場合は、腐食を防ぐため縁切り作業またはタスペーサーが必須です。

タスペーサーを屋根に挿入した写真

※タスペーサーは一般的な住宅で、平均約1000個使用されます。費用が3~5万円位かかりますが、縁切りよりも確実に隙間があくのでおすすめです。


シーラー・プライマー・フィラー必要

「シーラーってそもそも何なの?」

見積もり項目に「シーラー」「プライマー」「フィラー」という文字があったら、これは下塗りのことを指しています

(塗装の工程は、下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りが基本です)

下塗りの写真

中塗り・上塗りは同じ塗料を2度塗りしますが、この塗料だけでは密着力が無いため、下塗りをしていなければすぐに剥がれてきてしまいます。

・シーラー 従来から使われている密着力が強い下塗り材。
「シールする(接着する)」という言葉からきていると思われる。
水性と溶剤があり、水性の方が臭いがなく有害物質の発生が少ないため主流。
水性の中でも薄膜タイプと厚膜タイプに分かれる。
薄膜タイプ ・汚れが目立つ
・色あせが目立つ
チョーキング現象の発生
・壁の痛みは軽度
・壁面のパターンを残したい場合
厚膜タイプ ・クラック、割れが目立つ
・防水効果を高めたい場合
・壁の痛みが重度
・プライマー プライマーは英語でprimary(最初の)という意味。
“最初に塗る塗料”=下塗り材の総称として使われる。
・フィラー フィーラーは英語でfiller(埋める物、詰め物)。
クラックを埋めて下地を強化するのに使用。
最近は以前と比べて密着性が高い製品が増えてきたため、
密着力があり下地強化もできるとしてフィラーを選択することも増えてきた。

「シーラー」「プライマー」「フィラー」この項目は絶対必要があります。


シーリング補修(目地補修)検討

「シーリング補修高いんだけどやらなきゃダメ?」

最近の住宅の外壁はサイディングボードが使われていることが多く、この隙間のシールや目地部の雨水浸水防止のためにシーリング材と呼ばれるものが使われています。

シーリング材の写真

シーリング補修をした方が良い場合

  • しわ、変形、軟化
  • チョーキング
  • ひび割れ
  • 破断、剥離
劣化したシーリングの写真

単にシーリング表面が汚れている、色あせている場合は、焦る必要はありません。

シーリング材の耐用年数は10年程度と言われていて、汚れ・色あせが進んできた頃にひび割れなどが発生します。

シーリング材が劣化しているとパネルの裏側に雨水が浸入してしまいます。放っておくと構造体の腐食原因にもなるうえ、シロアリが発生する原因にもなります。上記のような現象が見られる場合は、外壁塗装と同時にシーリングの補修・打ち替えもした方が良いです。


ケレン必要

ケレンの写真

ケレンは、トタン壁やトタン屋根、雨戸などの金属面、鉄部・木部などの古くなった塗膜やさびを落とす作業のことを言います。

ケレンをするかしないかでは、持ちが全く違うと言われていて、例えば耐用年数10年といわれる塗料をケレン無しで上から塗るとたったの3年しかもたない。それぐらい仕上がりに差があります。

ケレンは塗装の基本とも言われる重要な工程なので、必要です。


【より安い費用】、【より優秀な業者】で外壁塗装を行う方法!

外壁塗装工事の一括見積りで、費用が300万円→90万円に。
【210万円も安くなりました】

日本最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装110番」で、1番安い外壁塗装業者が見つかります!
参加業者は厳選された優良業者のみ。複数社の見積もり額を比較できます。

外壁塗装優良企業ロゴ画像

一括見積り数10万件以上の実績があり安心して利用ができます。もちろん利用は無料です。

無料一括見積りはここからできます。

我が家の外壁塗装体験談
お急ぎの方は、こちらの3つだけチェック!
秘訣その1「必ず相見積りを取るべし。」
秘訣その2「最低限の知識を持つべし。」
秘訣その3「業者をシッカリ選ぶべし。」
自宅に、訪問販売リフォーム会社が来た方はこちら
訪問販売の罠「即決は絶対にしないで!」

アイコン「工事」外壁塗装の工事

外壁塗装の価格相場・見積もり20事例

アイコン「工事」外壁塗装の工事