メニュー

サイディングボードのリフォームはどうする?

住宅外壁材の種類 円グラフ

最近の新築住宅は、窒業系サイディングボードを外壁に採用している住宅が増えてきています。新築時の設置費用、材料調達が安く済む、施工が簡単、時間もかからない、というのが理由です。我が家も窒業系サイディングボード外壁です。

サイディング外壁は“半永久的にもつ建材である”として売り出されていました。

が、実際は現場で住宅に合わせてカットした切断面から吸水したことによる劣化、またはサイディングボードの表面の劣化によって吸水してしまいボードに反りが生じる、、などリフォームが必要になってくることも少なくないのが現実です。

サイディングボードの劣化
サイディングボードの劣化写真1サイディングボードの劣化写真2

「窒業系」=いわゆる焼き物なので、吸水すると伸縮し、割れることもあります。気温差などでひび割れを起こすこともあります。

また、サイディングボードとサイディングボードの間の「繋ぎ目」の役割を果たしているシーリングは劣化が目立ちます。

シーリングの劣化
シーリングの劣化写真1シーリングの劣化写真2

というわけで、窒業系サイディングにしたからといってメンテナンスが一切不要!と言う訳では決してありません。

長持ちさせるために、窒業系サイディングボード外壁のリフォームは約18年~20年に1度必要とされています。


窒業系サイディングボード外壁のリフォーム方法

主に3つの方法があります。

  1. 張り替える
  2. 上塗り(塗装する)
  3. シーリングのみリフォーム

どんな工事? 価格費用
150m2外壁の場合
1.張り替える ・既存のサイディングボードは撤去して
新しいボードを張る
約180~230万円 高い←→安い
・今あるボードの上から新しいボードを張る 約150~200万円
2.上塗り(塗装する) ・既存ボードは剥がして、塗装する 約100~180万円
※塗料ランクによる
・既存ボードの上から塗装する 約80~150万円
※塗料ランクによる
3.シーリングのみ
リフォーム

シーリングについて
詳しくはこちら
・打ち替え
既存シーリングを撤去し、
新しいシーリングを打ちます。
約15~20万円
+(足場代)
・打ち増し
既存シーリングの上から新しい
シーリングを打つ工法です。
約12~17万円
+(足場代)

1.張り替える

サイディングボードを張り替える場合は、既存サイディングボードを撤去して新しく貼りつける、という方法よりも、いまあるサイディングボードはそのままで上から新しいサイディングボードを貼る、という方法が安くあがります。

ただ、下地となるサイディングボードに反りがある場合はおすすめできません

下地のひび割れやさび等は補修がききますが、反りの補修というのはなかなか難しいものがあります。その上から新しいサイディングボードを設置するのはどう考えてもハイリスクです。


2.上塗り(塗装する)

サイディングボードの張り替えよりも安く済む方法です。張り替え無くてもサイディングの上から再塗装すると、はっ水性等外壁としての性能をを蘇らせることができます。

サイディングをはがして、塗装ということも出来なくはありませんが、あまり行われていないのが現状です。

塗装する場合、塗料選びは慎重に!

注意としては、既存サイディングボードが高断熱タイプの窒業系サイディングボードの場合で、この上にシリコン系単層弾性塗料を塗装すると、時間の経過と共に塗膜が膨れたり、剥離してくることがあります。塗料選びは慎重に、、そのような知識をきちんと持った業者へ依頼します。

そして、塗料はアクリル系塗料で約4年、ウレタン系塗料で約6年、シリコン系塗料で約13年・・といった耐用性しかないので、サイディングボード同等かそれ以上の耐用年数を求めるのであれば、高価なフッ素塗料や光触媒塗料を選ぶことになります。

そうなると結局工賃が上がるので、結果サイディングボードを張り替えるとそんなに変わらない金額になってしまうこともあります。


3.シーリングのみ打ち替え

シーリングとはサイディングボードの繋ぎ目部分の事を指します。サイディングボード外壁に、重大的な劣化が無い場合はシーリングのみのリフォームで済むこともあります。

シーリング材の写真

※シーリングについて詳しくはこちら>シーリング材、コーキング材とは

シーリングは、
・既存シーリングを撤去して新しくシーリングを打つ「打ち替え」
・既存シーリングの上から補修しつつ新しいシーリングを打つ「打ち増し」

この2種類があります。足場を組んで作業する場合は、足場代がかかります(面積によりますがだいたい10万~15万円程度。足場の平米単価は約600~800円くらい)。

シーリングの補修だけだと、工事代としては総額25~30万円~高くても40万円くらいというところですから、サイディングボードを張り替えるよりもだいぶ安くリフォームできます。

ただ既存サイディングボードが劣化している場合には、シーリング工事だけでなく外壁自体も補修をしてあげた方が良いのは間違いないです。ひび割れ・クラックのある場合はもちろんですが、チョーキング現象が起こっている場合も補修が必要です。

業者にチェックして貰うのが確実ですが、一つの業者では信用できない業界ですので複数の業者に見て貰って、話を聞くことをお勧めします。

■こちらも合わせて確認してみて下さい→外壁塗装をしないと何が起こるか


【より安い費用】、【より優秀な業者】で外壁塗装を行う方法!

外壁塗装工事の一括見積りで、費用が300万円→90万円に。
【210万円も安くなりました】

日本最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装110番」で、1番安い外壁塗装業者が見つかります!
参加業者は厳選された優良業者のみ。複数社の見積もり額を比較できます。

外壁塗装優良企業ロゴ画像

一括見積り数10万件以上の実績があり安心して利用ができます。もちろん利用は無料です。

無料一括見積りはここからできます。

我が家の外壁塗装体験談
お急ぎの方は、こちらの3つだけチェック!
秘訣その1「必ず相見積りを取るべし。」
秘訣その2「最低限の知識を持つべし。」
秘訣その3「業者をシッカリ選ぶべし。」
自宅に、訪問販売リフォーム会社が来た方はこちら
訪問販売の罠「即決は絶対にしないで!」

アイコン「工事」外壁塗装の工事

外壁塗装の価格相場・見積もり20事例

アイコン「工事」外壁塗装の工事